♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪常温核融合♪
ネットで「常温核融合(安価でクリーンなエネルギー)」というのを知りました。

いわゆる原子力エネルギーですので、大きなエネルギーを得ることができるのはケンちゃんでも想像できます。

原子力エネルギーは(核融合または核分裂により)質量が減った分がエネルギーになるので、通常の燃焼に比べ桁違いの大きなエネルギーを得ることができます。(アインシュタインのあの有名な E=mc² [質量とエネルギーの等価性]というやつですね・・・たぶん・・・)

常温核融合の利点は、

・放射能が出ない(安全。もちろん CO2 も出ません!)

・ゆっくりとしか反応しないので爆発しない(爆弾になりません!)

・資源の重水素は海水から簡単に取り出せる(大量!安い!)

・常温で設備も簡単(実用化しやすい!)

・少ない資源からエネルギーたっぷり(お得!)

です。

2008年5月22日(古くてすいません)に、文化勲章受章者、大阪大学名誉教授という肩書きを持つ荒田吉明先生が公開実験に成功されました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8572941

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8573004

ヘリウムがはっきり検出されたので、「核融合」が起こったと考えていいようです。
これが本当なら、エネルギー革命が起きます。(とっても大変な素晴らしいことです。)

少し前のケンちゃんなら「そんな大変なことならもっと大騒ぎになるはず!」と思って、信じなかったと思います。
でも、最近は社会のことをいろいろ研究?しているので、「大変なこと」であっても「無視」または「削除」されることは十分にありえると思います。

例えば、これが本当なら、石油で利権を持っている人(お金をたくさんもっている人)はその利権(お金)を失うことになります。
また、学会内にもいろいろ都合があるでしょう・・・マスコミにもいろいろ都合があるでしょう・・・
(ケンちゃんもサラリーマン時代には、会社(組織)の利益のために「わざと間違ったこと」をしたことがあります・・・すいません・・・これからはしません・・・もし、ケンちゃんが大金持ちになったらこの研究のために研究費いっぱいあげます・・・たぶん・・・)

「常温核融合」でなくてもいいんですけど、世界の人々が幸せになるためには安価でクリーンなエネルギーが必須です。
本命は太陽エネルギーだと思いますけど、今の時代では「常温核融合」の方が安価で十分なエネルギーが供給できそうな気がします。
(いちばん最後は太陽エネルギーになると思いますけど・・・)

「常温核融合」についてもうちょっと知りたい方は

http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page284.htm

にもうちょっといろいろ書いてあります。


まだ日本にいるのでまたまた煙台ネタでなくてすいません (^_^;)
新エネルギー
Comments#0 / Trackbacks#0
♪常温核融合関連リンク♪
常温核融合関連のリンク

サイト:

LENR-CANR.org
http://lenr-canr.org/

This site features a library of papers on LENR, Low Energy Nuclear Reactions, also known as Cold Fusion. (CANR, Chemically Assisted Nuclear Reactions, is another term for this phenomenon.) It features a library of more than 1,000 original scientific papers reprinted with permission from the authors and publishers. The papers are linked to a bibliography of over 3,500 journal papers, news articles and books about LENR.

New Energy Times- LENR, Low Energy Nuclear Reactions, "Cold Fusion"
http://newenergytimes.com/

New Energy Times is an international online Web site and magazine featuring Low Energy Nuclear Reactions, Cold Fusion Energy and Next Generation Nuclear Power Research. It publishes technical as well as non-technical articles and news on developments in the related fields, as well as the social, political, and economic implications of this research. It offers multimedia content including text, audio, images and video as well as several historical archives.


エントリー:

未来を築く常温核融合(PDF:8MB)

http://lenr-canr.org/acrobat/RothwellJmiraiokizu.pdf

三菱重工 Pd多層膜の重水素透過による元素変換の観測

http://www.mhi.co.jp/atrc/project/pdtamakuso/

2008年5月22日の荒田吉明先生(大阪大学名誉教授)の公開実験に関するビデオ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8572941

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8573004

21世紀物理学の新しい公理の提案 「常温核融合は本当だった!」

http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page284.htm

菊池誠(大阪大学サイバーメディアセンター教授)のホームページの掲示板
カテゴリー » ニセ科学 「常温核融合の公開実験に成功、どこでって、阪大で!」

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1211901606
新エネルギー
Comments#0 / Trackbacks#0
♪地球の未来と常温核融合♪

 ▲Space Elevators
http://science.nasa.gov/headlines/y2000/ast07sep_1.htm

以前にも一度、常温核融合について記述した。
今回はもう少しまじめに記述したい。(前も一応まじめだったけど・・・)

ケンちゃんが常温核融合にこだわるのは、地球の未来のために必要だと思うからだ。

先進国の人が、先進国の人らしく生きるためには、エネルギーが必要だ。
発展途上国の人が、先進国の生活レベルになるためには、エネルギーが必要だ。
貧しくて学校に行けない子供が学校に行くためには、エネルギーが必要だ。
軽い病気で死んでいく人がちゃんとした医療を受けるためには、エネルギーが必要だ。
餓死していく人が食べ物を食べるためには、エネルギーが必要だ。
(安価でクリーンなエネルギーができて困るのは、現行の方が得な一部の人たちだけだ。)

とにかくエネルギーはいっぱい必要だ。(エネルギーだけじゃないけど・・・)
エネルギーはいっぱい必要なので、安価でクリーンでなくてはいけない。

今、ケンちゃんが知っている範囲でいちばんそれに近いのが常温核融合だ。
前にも書いたけど、質量がエネルギーに変わるので、想像を超えるエネルギーを得ることができる。
(いわゆる安全でクリーンな原子力。)

前回は「常温核融合ってたぶん本当だろう」っていう感じだった。
あれから自分なりに少し調べた。今は確信に変わった。

「常温核融合は存在する。」

根拠は Jed Rothwell という guy だ。
(会ったことも話したこともないけど勝手に Jed と呼ばせてもらいます。(^_^;) )

Jed はとても日本語がうまい。(ケンちゃんの想像では両親のどちらかが日本人のような気がする。たぶんお母さん?)
彼は常温核融合に関する日本の掲示板やブログのコメントに時々登場する。
Jed は非常に gentle で 論理的 で まじめだ。
彼によると常温核融合は数百の大学や国立研究所などで実験され再現されている。
ちなみに Jed は LENR-CANR の librarian だ。(常温核融合の論文を相当読み込んでいるようだ。)

http://lenr-canr.org/

次に常温核融合に関する掲示板がある。
(菊池誠(大阪大学サイバーメディアセンター教授)のホームページ。重いよ・・・)

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1211901606

この掲示板を冷静に見れば、Jed が言ってることが正しいことと、常温核融合がおかれている状況がわかると思う。
(ケンちゃんは専門的な英語の論文を読むスキルはないので、素直に Jed を信じま〜す。)
(^o^)/

次に Jed が書いたライセンスフリーの「未来を築く常温核融合」というドキュメント(8MB)がある。

http://lenr-canr.org/acrobat/RothwellJmiraiokizu.pdf

日本語だから安心して読んで欲しい。
(長いのでケンちゃんは飛ばし飛ばししか読んでないけど・・・(^_^;) )

前回も書いたけど常温核融合の利点もう一度書く。

・少ない資源からエネルギーたっぷり(お得!)

・放射能が出ない(安全。もちろん CO2 も出ません!)

・ゆっくりとしか反応しないので爆発しない(爆弾になりません!)

・資源の重水素は海水から簡単に取り出せる(大量!安い!)

・常温で設備も簡単(実用化しやすい!)


常温核融合の現状をケンちゃんなりに整理すると

現状:

・常温核融合は確かに存在する。ただし、理論的な解明はまだできていない。
・政治的圧力により、思うように研究できない。(例えば、情報が正しく公表されない、研究費が出ない等)

課題:

・政治的圧力を乗り越える必要がある。
・理論を構築し反応を完全に制御し、放射線や他の危険な副作用がないを証明する必要がある。

なので、

なるべく多くの人に「こんな便利なもんなんで使えへんの?」と思って欲しくてこのエントリーを書きました。
なるべく早く、常温核融合のまともな研究環境ができることを祈っています。
(お金持ちになったら研究費を寄付するからね〜。たぶん・・・)


このエントリーは

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 宇宙船地球号パイロットのマニフェスト(3)               人類が必要とする8万kWe、84万基のトリウム原子炉

にトラックバックさせて頂きました。
(と思ったけどでけへんかった・・・調査中・・・→結局わからなかったので、コメントにしました。また、いろんなところにちょこちょこトラックバックさせて頂きました。)

ケンちゃんアンちゃんの常温核融合関連リンク集はこちら


♪ひとくち中国語♪

未来

wei4 lai2

漢字も意味も日本語と同じです。

発音は異なりますが、少し似ている部分もありますね。
中国語の音声はこちらのページ(N0.17)で聴けます。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ 矢印 今日もポチッとクリックして!
新エネルギー
Comments#2 / Trackbacks#0
♪こんどはトリウム♪
最近、自分が無知であったことを思い知らされる・・・

サラリーマンをしていた頃は、忙しすぎてニュースを見る余裕もなかったので、
しかたがなかったかも知れないけど・・・
最近は、自由な時間がたくさんある。

まず、本を読むようになった。
それまで、なにも考えず、当たり前だと思っていたことが当たり前でないことを知った。

それから、ネットの情報をよく見るようになった。
ネットの情報は膨大で、いいかげんな情報もたくさんあるので、時間がないと、情報を選別することができない。
でも、そこには、マスコミには出てこない真実が含まれている。(嘘もたくさん含まれてるけど・・・嘘はマスコミも同んなじか・・・)
知らないことがたくさんあることを実感した。

前回のエントリーで記述した常温核融合もその一つだった。

その関連で最近になって、トリウム(thorium)原発というのを知った。

以下にトリウム原発の概要を記述するが、次のリンク先の内容をケンちゃんが勝手にまとめたので違っているかも知れない。正しい情報は次のリンクで確認して欲しい。

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 宇宙船地球号パイロットのマニフェスト
http://www.financial-j.net/blog/2009/12/001111.html

(上記の記事は現時点(2009/12/16)で連載中です。ぜひ、本物を見てみて!)


トリウム(thorium)原子炉は放射性廃棄物がほとんど出さず、苛酷事故を起こさない。

「トリウム熔融塩原子炉」の基礎実験は、1969年には成功していたが、「核兵器を作れないトリウム原発は冷戦の役に立たない」ということで封印されてしまったようだ。

最近、日本を除く世界でトリウム原発が見直されている。
例えば、トリウム熔融塩の研究で世界の最先端を行っていたチェコ原子力研究所は、2011年にトリウム熔融塩原子炉を完成させることを公表している。
(ちなみに、オバマ大統領は、今年の4月5日にチェコ共和国の首都プラハでEU首脳との会談に先立ち、「米国は核廃絶に向けて行動する道義的責任を有する」と演説しています。)


(図は Dr.Doneさんの記事 から)

つまり、もう産業化できるところまできているということらしいです。

ただ、民主党もトリウム炉を認める気はあまりなさそうです。(原研労組の影響?)

鳩山さん、これこそ政治主導でなんとかして!

ちなみに、次の記事(ちょっと古いけど)によるとまた、自然界に存在するトリウムは、ウランと比較して埋蔵量が豊富らしいです。

ウランより利点の多いトリウム原発、移行への障害は? | WIRED VISION
http://wiredvision.jp/archives/200507/2005071201.html

次の記事にもトリウムに関する記事があります。

ウランからトリウムへ―世界の核燃料戦略を読む:ECO JAPAN −成長と共生の未来へ−
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20090805/101975/


♪ひとくち中国語♪

无知

wu2 zhi1

日本の漢字では「無知」です。意味も日本語と同じです。

発音は異なります。
中国語の音声はこちらのページ(N0.17)で聴けます。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ 矢印 今日もポチッとクリックして!
新エネルギー
Comments#0 / Trackbacks#0
♪水飲み鳥♪

以前のエントリーで、(オール電化の)エコキュートについて書いて以来、
「大気の熱から発電できないものか?」とずっと気になっていた。

大気の熱を利用するのであれば(エネルギー保存の法則(熱力学第一法則)に反しない)半永久的な発電ができる。

でも、熱力学第二法則(ケンちゃんはいまいちわかっていない (^_^;) )というのがあって、無理そうな気もする・・・

じつは、熱力学第二法則を学校で習った時(中学生の頃か?)も同じこと(「大気の熱から発電できないものか?」)を考えていたことを覚えている。

気になるので、最近またいろいろ調べていて「水飲み鳥」に行き着いた。
(「水飲み鳥」は、小学校か中学校の修学旅行で行ったお土産屋さんで、「木刀」とともに売られていた気がする・・・)


 ▲ 「水飲み鳥」は水があれば(大気熱を利用して)半永久的に動く。

熱力学第二法則はよくわからないが、これなら発電できるはず・・・

これだ!と思ったけど・・・

よく考えてみれば、太陽光発電だってほぼ無尽蔵の太陽光から発電はできる。
結局、効率が問題なのだ・・・

でも、大気熱は太陽光や風力よりは安定したエネルギー源になる可能性もあるかも?(ないかも?)

ちょっとスッキリした。





♪ひとくち中国語♪

法则

fa3 ze2

日本の漢字では「法則」です。意味も日本語と同じです。発音は異なります。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。
※漢字はUnicodeを使用しているため、簡体字が実際と若干異なる場合があります。

中国語の音声はこちらのページ(N0.24)で聴けます。

※IE以外では再生されない場合があります。

新エネルギー
Comments#2 / Trackbacks#0
♪実験キット♪

ケンちゃんは昔からエネルギーにとっても興味があります。

エネルギーは人が(人らしく)生きるために非常に重要な要素だと思うからです。

世界では一日に4万人が餓死しているそうです。
(3食を食べている人は全人口の2割程度だそうです。)

食べ物を残して捨てる人がいる一方で、食べ物が無くて死んでいく人がいます。
(裕福な人が貧乏な人から食べ物を奪っているということだと思います。)

たぶん、問題は人口が多すぎること、(食べ物を含む)資源が公平に行き渡っていないことだと思います。

人口の問題は教育の問題だと思います。教育の問題はお金の問題です。
(教育にはお金が必要です。)

不公平の問題は生物の本質だと思います。生物が生き延びるためには競争しなければなりません。誰かが勝てば誰かが負けます。

これらの問題を解決するためには十分な(エネルギーを含む)資源が必要です。
(エネルギーが十分にあれば水も食料も作れます。)

なので、ケンちゃんはエネルギーに興味があるのです。
昨日、アマゾンから「熱発電の実験キット」が届きました。


(アンちゃん、どうぞご理解ください。 (^_^;) )

ちなみに エネルギー の中国語は 能量( neng2 liang4 ) です。なるほど・・・

もうちょっと書きたくなったので、もうちょっと書きます。

いろんな情報を見ていると、世界経済(特に、アメリカ・EU)はまだまだ悪くなりそうです。
それにあわせ、日本の景気も悪くなって行くんでしょうが、このままだと、よりいっそう悪くなりそうな気がします。
(消費税なんか上げると、さらに悪くなるんじゃない!?)

日本政府は新エネルギーの研究開発にもっと予算を当てるべきだと思います。

財源は国債を刷って日銀に買ってもらってください。
日本は今、デフレで円高です。問題ありません(というか、対策になるはずです)。
(ちなみに、日本政府は赤字ですが、日本国は黒字(債権国=富裕国)です。)

デフレと円高に対応しつつ、日本や世界の将来のために・・・


♪ひとくち中国語♪


实验

shi2 yan4

日本の漢字では「実験」です。意味も日本語と同じです。発音は異なります。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。
※漢字はUnicodeを使用しているため、簡体字が実際と若干異なる場合があります。

中国語の音声はこちらのページ(N0.23)で聴けます。

※IE以外では再生されない場合があります。
新エネルギー
Comments#0 / Trackbacks#0
♪DMMソーラー(太陽光発電)シミュレーション中♪

興味はあるけど、お金が無いので諦めていた太陽光発電。

でも、もしかしたら、うちの屋根にもにもソーラーパネルが!

DMM というところが「実質8万円でソーラーパネルを設置します。」というサービスをやっている。

なんで8万円で設置できるかというと、ソーラーパネルで発電した電力の80%は DMM に提供するから。

つまり、うちの取り分は20%しかないんだけど、いろいろ計算してみると、8万円ぐらいは比較的早めに回収できそうだ。

で、この前、DMM にシミュレーションを申込んだ。
でも、なんか混んでるみたいで、シミュレーションに10日ぐらいかかるらしい。

しかも、申し込めば誰でもソーラーパネルが設置できるわけではなく、発電量(日照量・屋根の形状)が DMM の規定に達しないといけないんだとか・・・
(そりゃそうだろうな・・・発電できなきゃ DMM も資金回収できないわなぁ・・・)

でも、たぶん大丈夫。うちの屋根はシンプルだから (^_^;)



うちはアンちゃんがとっても経済的で電気はあまり使わないし、オール電化なので電気代は昼が高くて、夜は安い。

つまり、うちはとっても太陽光発電向きなのだ。

それに、せっかくの太陽エネルギーを使わないのはもったいない。

ちなみに、一ヶ月の一世帯当りの平均電力使用量は約300kWh
(ちょっと少ないな・・・1人暮らしの人もいるからな・・・
別のサイトでは、家族2人月平均が392.2kWh、家族3人月平均が477.8kWh、となっていた。)

それに対し、一般的な家庭で取り付け可能な4kWの年間発電量は約4,000kWh〜4,800kWh
(月平均にするとだいたい350kWhぐらいか・・・)

なので、だいたい自分の家の電気は太陽光発電で賄える感じだ。

もちろん夜は発電できないので、昼間は電気が余り、夜は電力会社から供給してもらわないといけないことになる。
(電力会社が買ってくれる電気は使い切れずに余った電力のみ。)

少なくても、夏の昼の暑い時は、ガンガン発電して、ピークを下げる効果はある。

いわゆる Win Win だな・・・

早くシミュレーション結果こないかなぁ・・・


ブログ更新情報:

 ・ シャオロン:連絡帳
 ・ アンちゃんブログ:のり・歩き 中国語版
 ・ 英語発音トレーニング:落ち着いて


♪ひとくち中国語♪

太阳

tai4 yang2

中国語の音声はこちらのページ(N0.16)で聴けます。

日本の漢字では「太陽」です。意味も日本語と同じです。発音も少し似ています。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。


新エネルギー
Comments#2 / Trackbacks#0
♪DMMソーラー その2♪

昨日、DMMソーラーパネル・シミュレーション結果が届いた。

-----------------------------------------------

【お見積り】

・設置容量:  4.55kW
・年間想定発電量: 4,652 kWh

【8万円ソーラーサービスお見積り】

・年間発電見込み(お客様分・20%)931:kWh 
・年間でお得になる金額合計     :24,414円 
・10年間でお得になる金額合計   : 164,140円 
 (10年間でお得になる金額−8万円)

-----------------------------------------------

申し込んでから10日以上経ってるような気がするけど、ゴールデンウィークを挟んでたので、こんなもんかな・・・

設置容量が4.55kW・・・もっと設置したい・・・ (^_^;)

でも、見積もり通りだと、3年とちょっとで元が取れることになる。(^_^)v

実際には「売電メータ」が必要なので、関電の場合あと14,000円前後必要になる。
それも考慮すると、元を取るのに4年ぐらいか・・・

さっそく現地調査を希望したので、これからの流れは

現地調査⇒施工店・メーカーの設計⇒DMMにて採算シミュレーション ⇒合否ご連絡⇒契約⇒工事

ということらしい。

でも、すごい混んでるみたいで、現地調査の連絡まで数日かかる旨の連絡がきた。

ただ、こちらからDMMにメールするとすぐにレスポンスが来るので、顧客サービスはなかなかちゃんとしているようだ。

うちの場合、ソーラーパネルを設置する目的は遮熱効果もある。
夏になると2階がどうしても暑くなるので、前から何とかならないか?と思っていた。

夏までに設置できるとうれしいな・・・


ブログ更新情報:

 ・ シャオロン:よちよち歩き(動画あり)
 ・ 英語発音トレーニング:一進一退


♪ひとくち中国語♪

结果

jie2 guo3

中国語の音声はこちらのページ(N0.8)で聴けます。

日本の漢字では「結果」です。意味も日本語と同じです。発音は異なります。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。


新エネルギー
Comments#0 / Trackbacks#0
♪DMMソーラー 結果♪

DMMから現地調査の結果がやっときた。

1ヶ月以上過ぎてるやんけ・・・

結果は予想外の「提供困難」

なんでや・・・

理由も予想外の「海岸から500m未満のため」

そんなに海近かったっけ?

グーグルマップで見ると確かに500m未満だ。
でも、こないだもらったソーラーパネルのパンフレットに「塩害に強い」って書いてあったような・・・

あった!

「塩害地域への設置も可能に」

ほらほら・・・それから・・・(^.^)

「海岸線より500m以上離れた地域へ設置可能」

・・・

そんなん現地調査せんでもわかるやんけ!(-_-;)

ということで、我が家のソーラー計画はポシャってしまいました。

しゃーないから、500m先まで散歩するか・・・





ブログ更新情報:

 ・ アンちゃんブログ:大きくなったよ 中国語版


♪ひとくち中国語♪

结果

jie2 guo3

中国語の音声はこちらのページ(N0.8)で聴けます。

日本の漢字では「結果」です。意味も日本語と同じです。発音は異なります。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。


新エネルギー
Comments#4 / Trackbacks#0
♪とうとううちにも太陽光パネルが・・・♪

今日、契約を済ませた。
一時はあきらめた太陽光パネルだけど、やっぱり付けることにした。

なんと 8.64kw (^O^)
(普通はだいだい 4kw ぐらい。)

うちの家の屋根はシンプルで、東向きと西向きなのでパネルをたくさん載せられる。
それに、どう考えても太陽光パネルは得だ。

太陽からずっとおこずかいが貰えるし、環境にも良いはずだし・・・
カッコよく言うと「良い投資」だ。

前回検討したときは、どちらかというと屋根貸みたいな感じだったけど、
今回は自前で設置。
いろいろ調べてみると、かなり安いことがわかったから。

数社に見積もりをお願いして、いちばん安かった
太陽光発電のとくとくショップ(和上住電)にした。

↑ アンちゃんの値引き交渉にも応じてくれたし、対応も良かったので、
リンク張っときます。(^_^;)

メーカーは東芝。面積当たりの発電量はダントツ!



それに国産なので品質も安心だし、多少は日本の経済にも貢献できる。

とうとううちも太陽光発電か・・・(^O^)


ブログ更新情報:

 ・ シャオロン:ぇい


♪ひとくち中国語♪

太阳

tai4 yang2

中国語の音声はこちらのページ(N0.16)で聴けます。

日本の漢字では「太陽」です。意味も日本語と同じです。発音も少し似ています。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。


新エネルギー
Comments#2 / Trackbacks#0
♪ 1/3PAGES ♪ >>
InternetExplorer Only