♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪Thank に thanks♪
昨夜 アンちゃんとケンちゃんは散歩の帰りに和風英語の発音について議論した。
アンちゃんは日本へ留学している時から、和風英語に疑問を持ってた。
例えば:singの場合、日本人は‘シング’って読みますね。でも、
実はingの発音は/iŋ/です。グと言う音が入ってないんです。同じく、song,longなどなど。
で、例えばlookの場合、/luk/と読みます。破裂音/k/があるから、日本語の発音の中で似たような‘ルック’になる事は何となく理解できるんですけど、singの場合はどこから‘グ’が出てきたの?不思議だった。
ケンちゃんは頑固で/ŋ/の音に小さな/g/が入ってるんですって。いっぱい説明したたけど、納得してくれなかった。
疲れて、コンピュータで調べて、すごい良い例があった。
thank,singのnが同じく/ŋ/と読みます。singにもし‘グ’があるとしたら、thankにも‘グ’があるはず。
thankにthanksだ。
すっきり拍手
アンちゃんドキュメント
Comments#2 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
参りました。

sing(英語)のngはing(中国語)のngの発音と同じだったのね・・・
中国人は得だなぁ・・・
ケンちゃん
♪ 2008/07/13 4:06 PM ♪
Chinaはお得?!
私くしも、「China人に、発音が全然違う!!」と注意され・・・
イラッとします。(笑

America人やイギリス人に注意されれば納得するのに、
China人に注意されても納得しないのは・・・なぜでしょう。

♪ ♪す〜♪ ♪
♪ 2008/07/13 9:50 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://ken-an-china.jugem.jp/trackback/40
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only