♪まあ、その〜♪
茂木健一郎(脳科学者)のブログの最近のエントリー(連続ツイート)の抜粋を紹介します。

本当は全文ご紹介したいんですが、全文コピーするのはちょっと失礼な気がするので・・・

全文はこちらを参照ください。
 



※「→」に続く文はケンちゃんのツッコミです。

角栄(1)あれは数年前だったか、学生たちとカラオケをしている時に、「まあ、その〜国民のみなさまにはですね、まあ、その〜」と田中角栄のものまねをしたら、誰もわからなかった。昭和を象徴するあの人のダミ声を知らない世代が生まれてきているのだと知り、ショックだった。

→ケンちゃんも小学生の頃、よく「まあ、その〜」って言ってました (^_^;)

角栄(2)その頃から、なぜか、田中角栄さんのことが気になった。最近になって、いろいろな意味で田中さんと比較される小沢一郎さんについての、マスコミの報道ぶりを見ていて、なぜ角栄さんのことが気になっていたのか、わかった気がする。角栄さんは、私たち日本人にとって、一つの「宿題」なのだ。

→ちなみに、ケンちゃんは小沢さんを応援しています。

 ヾ( ̄ー ̄ゞ))..( シ ̄ー ̄)ツ_フレーフレー

角栄(5)田中角栄さんの最大の功績は、日中国交正常化を成し遂げたことだった。ニクソンの電撃的訪中によって、日本が「ジャパン・ナッシング」になる危険を察知した角栄さんは、総理大臣として驚くべきスピードで調整し、いろいろと障害のあった日中の国交正常化を成し遂げた。

→ケンちゃんは最近までこのことを知らなかったんです。判断力と問題解決力を持った本物のリーダーでないと出来ない大仕事ですね・・・

角栄(9)「今太閤」とたたえられた田中角栄さんの運命が暗転したのは、マスコミが「田中金脈」批判のキャンペーンを張ったことだった。集中豪雨的な批判記事の圧力の下、角栄さんは総理大臣を辞した。

角栄(10)辞任の翌年、米国の上院における証言から、「ロッキード事件」が発覚する。「総理の犯罪」を追求するマスコミの嵐のような記事。角栄さんは、逮捕され、一審で実刑判決を受ける。

→ケンちゃんはぜんぜん覚えていませんが、現在のマスコミを見ていると、当時の状況は容易に想像できます。

角栄(12)最高裁に上告中、角栄さんは帰らぬ人となる。その刑事責任は、結局確定しないまま、公訴は消滅することとなった。

→結局、決着してなかったんですね・・・

角栄(13)田中金脈追及からロッキード事件発覚にかけて、私は小学生から中学生だった。当時の私は、マスコミの記事、報道をそのまま信じて、田中角栄という人は悪いひとだ、「よっしゃ、よっしゃ」といって賄賂を受け取った、その後も「闇将軍」として居残り続けていると思っていた。

→ケンちゃんも当時は、角栄は悪者だと思ってました。

角栄(15)長い間、「総理の犯罪」「田中金脈」「闇将軍」というレッテルから、私の思考は自由にならなかった。田中角栄さんのことが気になり始めたのは、今年になって、日本の良識ある人々の中で、検察や、マスコミの「正義」に対する不信感が本格的に頭をもたげてからのことである。

→ケンちゃんの場合、2009年、夏の衆議院選挙の時、突然、小沢さんの問題が話題になった時でした。タイミングが良すぎたし、小沢さんだけが狙われたことが腑に落ちませんでした・・・

角栄(16)マスコミは「政治とカネ」と一つ覚えのように言う。統計的に考えて、その悪弊はさまざまな政党のさまざまな人たちにポアソン分布で生じるだろう。それなのに、なぜ、政権交代を果たしたばかりの政党の代表と幹事長だけが狙い撃ちされるのか、まずここでおかしいと思った。

→そうなんですよ。いつも特定の人が狙い撃ちにされるんですよね・・・。うちのオカンまで「政治とカネの問題が・・・」とか言うけど、「どういう問題?」って聞いたらぜったい答えられへんやろな・・・

角栄(17)マスコミや検察の「正義」が絶対的なものではないということは、成熟した民主主義の下では当たり前のことだろう。ところが、「有罪率が100%近い」という近代国家ではあり得ない事態の下、日本人は、長らく、マスコミと検察は絶対正義であるという「幻想」の魔法の下にあった。

→ケンちゃんも、その魔法にかかっていました。

角栄(25)私は、過去に遡って、田中角栄氏にあやまりたい。小学校から中学校という、世間知らずの年代だったとは言え、自らの正義を信じて疑わないマスコミのヒステリックな報道によって、「闇将軍」であり、「悪人」であるとたとえ一時期でも思ってしまったことに対して、心から謝罪したい。

→ケンちゃんは植草さんにあやまりたい。「痴漢だと思ってました。ゴメンなさい、ミラーマン。」

角栄(28)人間は、過去を振り返り、反省することで、未来への指針を得ることができる。日本の国の将来を、小学生の学級会のような幼稚な「正義」で危うくしてはならない。今こそ、田中角栄さんをめぐる一連の事態は一体何だったのか、真剣に検討すべき時期が来ているのではないか。

→ (゚ー^*)d Good job♪


♪ひとくち中国語♪

魔法

mo2 fa3

漢字も意味も日本語と同じです。

発音は異なります。
中国語の音声はこちらのページ(N0.13)で聴けます。
(※IE以外では再生されない場合があります。)


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ 矢印 今日もポチッとクリックして!
ケンちゃん研究所
Comments#4 / Trackbacks#1
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
角栄さんはアメリカに先駆けて日中国交正常化を断行したことにより、アメリカの逆鱗に触れ、ロッキード事件を作られて失脚したというのが最近の定説ですよね。小沢さんも政権交替を実現したということで、アメリカとの関係がどうかと思っていましたが、今までのところあまりよろしくないようで。アメリカの傀儡の小泉さんとはいろいろ確執があったようだし。アメリカがマスコミと一緒になって小沢さんをつぶしに来ると危ないですね。何とか頑張ってほしいのですが。
♪ huaqingyuan ♪
♪ 2010/09/05 6:38 PM ♪
私は田中角栄のロッキード事件の事はよく知っています。そんときは角栄ロッキード社からえらい金もろて悪いやつやと思っていたのですが、日本列島改造を行い国民の所得が増え(これは私の意見)、日中国交正常化により中国との関係をよくした功績が今になって認められているようですね。
小沢さんのことはあまりよく知らないのでコメントは出来ないけど、私のイメージはやっぱり悪いやつという感じでしかないです。
ごーさん
♪ 2010/09/05 6:48 PM ♪
huaqingyuanさん

小沢さんも、そうとう覚悟しているように見えます。
なんとか障害を乗り越えて頑張って欲しいです。
ついつい期待してしまいます・・・
♪ ケンちゃん ♪
♪ 2010/09/06 3:34 PM ♪
ごーさん

角栄さんも小沢さんも本当の姿はわかりません。
でも、今はマスコミだけでなく、ネットからも情報が入手できるようになったので、昔に比べれば、少しは真実に近づけるようになった気がします。
♪ ケンちゃん ♪
♪ 2010/09/06 3:40 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://ken-an-china.jugem.jp/trackback/423
♪Trackbacks♪
 もうそろそろ夢から醒めた方がいいと思います  ━━━━━━━━━━━━━━━━...
♪ 幸福のゴールドサイン ♪
♪ 2010/09/06 4:07 PM ♪
InternetExplorer Only