♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪やっぱり無罪♪

 今日(9月10日)、asahi.comに「厚労省・村木元局長に無罪判決 郵便不正事件で大阪地裁」のニュースが出てた。

一部抜粋すると、

『自称障害者団体が同制度を受けるための偽の証明書を発行したとされる元担当係長との共謀について、横田信之裁判長は「共謀があったとは認定できない」と述べ、無罪(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。』
『横田裁判長は5月、検察側が立証の柱とした上村被告らの供述調書計43通のうち34通について「調書は検事の誘導で作られた」などと判断し、証拠採用しない決定をした。』

つまり、「偽の証明書を発行した」と起訴した検察は「偽の調書を捏造(ねつぞう)していた」ということになる。

検察も人間なのでミスもあるかも知れない。でも、これはミスではない。故意にでっち上げた調書で罪のない人に罪を押し付けようとしていたのだ。

検察はなにをやっても罪に問われないのだろうか?

9月8日午後、7日付で最高裁判所第一小法廷が鈴木宗男衆議院外務委員長(新党大地代表)の上告を棄却した。
ほぼ間違いなく、近く懲役2年の実刑が確定し、鈴木氏は刑務所に収監される。

鈴木宗男さんは自信のブログで次のように言っている。

『検察が善良な市民を密室で誘導し、でっち上げの調書を作り、その調書を持って判決を下す裁判所が、真に公正公平で、真実を明らかにする司法としての責任を果たしているのかどうか、疑問である。』

せめて最高裁でちゃんと裁判すべきでしょ!

(興味のある方はここに、鈴木宗男にわいろを渡したという調書をでっち上げられた人の証言のコピーがあります。


♪ひとくち中国語♪


裁判

cai2 pan4

漢字も意味も日本語と同じです。

発音も似ています。
中国語の音声はこちらのページ(N0.3)で聴けます。
(※IE以外では再生されない場合があります。)


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ 矢印 今日もポチッとクリックして!
ケンちゃん研究所
Comments#4 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
冤罪はこわいですね。この女性、見た目には悪いことをするような人間ではなさそうだが、人は見かけによらないのかな?・・と思っていたら、結局は無罪でした。私の第六感が当たったようです。
ところで、「裁判」は漢字と意味が日本語と同じと仰いましたが、意味が日本の漢字語と一致する部分と一致しない部分とがあります。中国語の「裁判」には、法廷の裁判とスポーツ競技の審判の両方の意味があります。例えば、サッカーのレフリーは「裁判」「裁判員」と言います。中国語には、この種の単語が多いので、漢字だけで意味を速断しないで、こまめに辞書を引きましょう。
♪ お節介じいさん ♪
♪ 2010/09/11 9:39 AM ♪
村木元局長に無罪判決、鈴木氏は実刑ですか。
あきませんわ、日本のことどうなっているのかさっぱり分かりません。
ごーさん
♪ 2010/09/11 1:28 PM ♪
お節介じいさん

ご指摘ありがとうございます。
前回に続き、痛いところを突っ込まれました (^_^;)
今回は前回分とまとめて、ブログのエントリーで言い訳するつもりです。(たぶん・・・)
♪ ケンちゃん ♪
♪ 2010/09/12 10:26 AM ♪
ごーさん

真実はわかりませんけど、なんか怪しいですよね・・・
♪ ケンちゃん ♪
♪ 2010/09/12 10:27 AM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://ken-an-china.jugem.jp/trackback/425
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only