♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪介入♪

小沢さんが負けてしまいました。
今後もアメリカ主導、官僚主導が続くのかと思うと、とても残念です。

そう思っていた矢先、政府・日銀が為替介入を行いました。
急だったので、ちょっと驚きでした。

「新世紀のビッグブラザーへ」というブログに「なぜ、日銀(というか、財務省)は、よりにもよって2010年9月15日に、大々的な為替介入を行ったのか?」という内容のエントリーが興味深かったので、簡単にご紹介します。

このブログには結論は書かれていませんが、背景や状況が書かれています。

・現在(15日と16日)、アメリカの下院歳入委員会で、中国の為替政策への米国政府の対応について公聴会が開かれている。
・アメリカは現在、11月の中間選挙を控え・・・(中略)・・・議員たちとしては中国の為替政策批判は、有権者に対してかなりのアピールポイントになる。
・米下院歳入委員会のレビン委員長は15日、日本の通貨当局による為替介入について「非常に困惑」していると述べた。また、委員長は「中国の行動が日本に影響し、日本の行動は米国に影響する」と語った。

要するに「今回の介入はアメリカの指示(あるいは許可)だったんじゃないの?」ということだとケンちゃんは思います。(ひつこいようですが、前述のブログには結論は書かれていません。)

もちろん、真実はわかりませんが・・・

♪ひとくち中国語♪

介入

jie4 ru4

漢字も意味も日本語と同じです。
発音は異なります。
※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。
※漢字はUnicodeを使用しているため、簡体字が実際と若干異なる場合があります。

中国語の音声はこちらのページ(N0.78)で聴けます。
※IE以外では再生されない場合があります。


にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ 矢印 今日もポチッとクリックして!
ケンちゃん研究所
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://ken-an-china.jugem.jp/trackback/427
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only