♪r の発音は難しい?発音(発声)が難しい?聞き取りが難しい?♪

思い返せば、英語を習い始めた時から r の発音は難しいイメージがあった。
自分でそう思ったのか、誰かにそう言われたのかは定かではないが・・・

当時はとりあえず英語を話す時は舌を巻けばそれでいいと思っていた。
そもそも、英語にほとんど興味はなかったが・・・

それから、長い間、あまり発音に問題意識を持たずにいた。
まぁ、日本人だし、ちゃんと発音できなくても大きな問題はない・・・
そう思っていた。

でも、人生そこそこ生きていると、英語が必要な場面に出くわすことがある。
困ったのは、発音できないことより、相手の言葉が聞き取れないことだ。

話すことに関して言えば、自分の英語が相手に通じない時は、言い方を変えたり、身振り手振りでかなり伝えられる。
でも、聞き取りに関しては、相手に依存するので、うまく聞き取れない場合が多い。
(何度も聞きなおすと相手もイライラしてくるし・・・)

英語が必要な場面に出くわすことが少なくなってから気付いたことがある。
相手の「言葉」聞き取れないのではなくて「音」そのものが聞き取れていなかったのだ。

人は生後7〜8 ヶ月で母国語の子音範疇が獲得され、母国語にない範疇は消失する。
そもそも「音」がちゃんと聞き取れていなかったのだ。

r が発音できないことより、r が聞き取れないことが問題だったのだ。
そもそも自分で正しく聞き取れない音を正しく発声するのはかなり難しい。
(耳の聞こえない人が言葉をしゃべることがとても難しいように・・・)

r 発音と上達方法についてこちらにまとめてみた。

もっと早く気付いていればなぁ・・・

♪ひとくち中国語♪

英语

ying1 yu3

中国語の音声はこちらのページ(N0.24)で聴けます。

日本の漢字では「英語」です。意味も日本語と同じです。発音は異なります。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。
※漢字はUnicodeを使用しているため、簡体字が実際と若干異なる場合があります。
英語
Comments#4 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
外国語に興味のある人はご存知だと思いますが、殆どの国の言語は、RとLに発音の違いがあります。しかしRについては、国によって独特な発音をする場合があります。例えばフランス語のRは、のどびこを猫のように、ごろごろ鳴らす発音です。中国語のR音は、ここで説明しなくても、もうご存知だと思います。いづれの発音も英語のR音よりずっと難しいです。英語の場合、日本人の耳にはRもLも同じように聞こえるので、発音する時、意識して区別するのは難しいかも知れません。私も英語のRとLの発音は苦手です。
♪ お節介じいさん ♪
♪ 2011/08/25 6:27 AM ♪
そうですね。 R はかなり難しいですよね。でも、練習すれば聞き分けできるようになります。
♪ ケンちゃん ♪
♪ 2011/08/26 5:39 PM ♪
聞いて区別できない発音は、自分でも発音することができない。
その通りだと思います。
だから、発音の区別を聞き取る練習は非常に大切だと思います。
そういう意味で、修音ソフトはすごく優れた教材だと思います。
♪ こたん ♪
♪ 2011/09/02 8:21 PM ♪
こたんさん

ありがとうございます。がんばります。

(どちらかというと、このエントリーも広告の意味合いが強いんですけど・・・)

(^_^;)
♪ ケンちゃん ♪
♪ 2011/09/03 2:39 PM ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://ken-an-china.jugem.jp/trackback/517
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only