♪フォニックス(Phonics)って子供用?♪

英語の知らない単語のスペルを見ても、どう発音するのかわからない場合が多いと思います。
でも、ある程度はわかるようになる方法があります。そう、フォニックスです。



フォニックス(Phonics)を知っている方も子供用だと思っていませんか?
基本的にはフォニックス(Phonics)は英語圏の子供の読み書きの学習方法の一つで、英語の発音とスペル(つづり)の規則性をルール化したものです。

つまり「スペルを見ると発音がわかる、発音を聞くとスペルがわかる。」というものです。

ただし、例外も多く、一般的には70%程度はルールに当てはまると言われていますが、ケンちゃんの感じだと70%もないと思います。
それでも、アメリカやイギリスではフォニックスを学習する学校は多いようです。

フォニックス(Phonics)学習の本来の目的は発音(音声)とスペル(つづり)の変換ができるようになることです。

でも、日本人には別の意味も大きいとケンちゃんは考えています。
それは、発音の習得です。
「発音を聞くとスペルがわかる」ということは、フォニックス(Phonics)ルールの発音の単位は英語のネイティブ スピーカーが聞き取っている英語の「音」の単位に近いことを意味しています。

例えば、"table" の "bl" は "b" と "l" という二つの音ではなく、"bl" という一つの音のルールとなっています。
日本語読みで"b" と "l" の間に母音を挟んでしまうと、正しい発音にはなりません。


♪ひとくち中国語♪

单位

dan1 wei4

中国語の音声はこちらのページ(N0.53)で聴けます。

日本の漢字では「単位」です。意味も日本語と同じです。発音もなんとなく似ています。

※日中で異なる意味を含んでいる場合があります。正確な意味は辞書をご確認ください。

英語
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://ken-an-china.jugem.jp/trackback/558
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only