♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪新疆リポート by アンちゃん 5♪
ダワコン砂漠(達瓦昆砂漠)に行く日は日曜日だった。
途中、市場(バザール)へ向かうロバ車をよく見た。(写真はケンちゃんリポート5
砂漠風景区入る所に葡萄栽培地があった。



バギーは激しくて恐怖のあまり興奮だけど、ラクダは優しくてゆったりとして、気持ちが良い。






  白ラクダとそのパートナー


  ラクダファミリー


  いたずらして一人離された子供のラクダ


  アンちゃんに興味津々
新疆ウイグルの旅
Comments#0 / Trackbacks#0
♪新疆リポート7♪
5日目:

今日はカシュガル市内を見て回る。

ケンちゃん達の滞在しているホテルの周りは思ったほどウイグル人は多くない。
(カシュガルの人口の8割〜9割はウイグル人のはずなんだけど・・・)
ガイドさんに聞くと、滞在しているホテル周辺は漢民族が多く住んでいる場所らしい。

まずは職人街に向かった。そこはほとんどがウイグル人らしい。




(モスクも点在している)

街はとてもクリーンだ。建物は古いが掃除が行き届いている。
生活において品行を保つこともイスラム教の教えの一つらしいが、そのためだろうか・・・
(ケンちゃんの住んでいる威海も中国にしてはかなりクリーンな場所だが、
市場ではみんなゴミをポイポイ捨てていて、クリーンではない。)

ある店の前でアンちゃんの買い物が終わるのを待っていた。
目の前に羊が1匹だけ繋がれている。
「メーメー」と誰かを呼んでいるようだ。
気になって見ていると、すぐそばに駐車していた乗用車から人が出てきた。
どこからともなく別のおちゃんもやって来た。
そのおっちゃんは羊の足を縛って、乗用車のトランクに乗せた。
羊のいた場所にはその羊のウ○コが落ちていた。
この羊君は今日の夕食だろうか・・・?

職人街を抜けると広場に出た。



広場にはウイグル最大のモスク エイティガールがある。



中はこんな感じ・・・


 (公園のようだ・・・)



次は香妃墓というところに行った。



次は老城と呼ばれるウイグル人が住み慣れた昔からの民居だ。







何が書いてあるかさっぱりわかりません。でも中国の紙幣にも同じような文字が・・・



次はウイグル最大といわれる大バザールだ。





さすがにシルクロードのオアシスだ。みんなとても商売がうまい。
ケンちゃんは買い物は嫌いだ。
でも、アンちゃんがどんどん物を買わされているのを見るのは楽しい。

(カシュガルで出会った人たちは新疆の人々を見てね。)

この後、飛行機でウルムチに向かったが荷物が増えてしまった。

・くるみ、レーズン、アーモンドあわせて1箱(みかん箱ぐらい)
・絹のシーツなど1バッグ(入れるためのスポーツバッグのようなものも買いました。)

もちろん荷物を持つのはケンちゃんです。
新疆ウイグルの旅
Comments#1 / Trackbacks#0
♪新疆リポート by アンちゃん 6♪
エイティガールモスクは1442年に建った。中国成立の1949年前後にも何回か建て直して、今のようになった。モスク内は20000人収容可能。
モスク内で使ってる絨毯はモスレムが持ってきた物ばかり、色がそれぞれ、品質もそれぞれ。



モスクにイスラム教のストーリーの飾り。





手造り工房にも見学に。結構面白い。










ガイドさんからの情報だと、カシュガルも地震多発区みたい。老城は細い道が廻り、消防車も入れないくらい。地元政府は安全面を考えて、2階建ての団地を老城の近くに建てた、まだ老城で生活する人に引越しをお勧めたけど、拒否された。
ちょっとお金を持ってる人でも、元の老城の中で家を建て直し。



旅行者のアンちゃんには複雑だ。老城中を歩くと深い歴史とその文化を味わえる、ウイグル文化の一つとして残してほしいけど、もっと大事なのは人の命だろう...



お気に入りのレストランのご紹介。





老城大バザールの写真はアンちゃんアルバム。
新疆ウイグルの旅
Comments#0 / Trackbacks#0
♪新疆リポート8♪
5日目夜〜6日目:

7日目の早朝に威海に戻るので、実質的には6日目が最終日だ。
このレポートもできれば最後にしたい。(ちょっと疲れてきた・・・)

夜の11時を過ぎた。
飛行機の窓からウルムチの街が見えてきた。
オレンジ色に輝くとてもきれいな夜景だ。
20年以上前に飛行機から見たラスベガスの夜景にちょっと似ている気がする。
(古い話なのであんまり自信ないけど・・・)

次の朝、部屋の窓をあけるとかなり都会っぽい景色と、茶色い山が見えた。



今日は特に予定はないので、歩いてバザールに行くことにした。



向こうを見ると近代的なビルが見える。



適当に歩いて、店がたくさん入っているテナントビルに入った。
「ん?」周りを見るとウイグル人しかいない。(なんかちょっとヤバそうな雰囲気・・・)
店なのに誰も話しかけてこない。(売る気もまったくなさそうだ・・・)
たぶん、ウイグル人による、ウイグル人のための、ウイグル人の店なんだろう。
ビルを出てからも漢民族らしい人には出会わない。
(ちょっとビビった。間違えてニューヨークのスラム街に迷い込んでしまったみたいな感じ・・・)
(観光客なんだけど)より観光客を装って歩いてっと・・・観光客のたくさんいる場所に出た。



ここがバザールだ。(ほっ)
昼ごはんに面を食べたがとてもおいしかった。
(そういえばカシュガルで食べたラーメンもすごい美味しかった。)
買い物を済ませ、搾りたてのザクロのジュースを飲んだ。



この後、ホテルに一旦戻り、夜店の出る五一ストリートにでかけた。



夕食後、アンちゃんの気分が悪くなってしまったので、急いでホテルに戻った。
アンちゃんがすぐにベッドに入ってしまったので、この旅もそろそろ終わりです。


最後にケンちゃんの感想を少し・・・

2日目3日目に行ったカシュガルからパキスタンへ続く道(国道314)は絶対お勧めです。
これこそ絶景という景色が次々と現れます。
(ただし、この道は天候の影響で5月中旬頃から10月末頃までしかオープンしていません)

また、最近チベット問題が話題になっているので、ウイグルも同様の問題があるのか気になっていたのですが、ケンちゃんは特に問題は感じませんでした。
(短期間で観光地を回っただけなので問題があったとしても気付かないと思いますけど・・・)
ただ、ウイグルはケンちゃんが今まで知っていた中国とはかなり異なりました。
ウイグルの人々のすばらしい文化や民族そのものはずっと守り続けて欲しいと思います。
イスラム教に関しても少し誤解していた部分があるかも知れません。

「夢をかなえたろかスペシャル1」はこれで終わりです。(やっと終わった・・・長かったな〜)
新疆ウイグルの旅
Comments#0 / Trackbacks#0
<< ♪ 2/2PAGES ♪
InternetExplorer Only